久しぶりの投稿となりますが、今回は、セブからの日帰りボホールツアーなどでお馴染みのセブ・タグビララン間の高速艇についての記事です。
高速艇には座席クラスは3種類ありまして、今回はこの内容を御紹介したいと思います。(船会社は、オーシャンジェットをモデルといたします。)

【ビジネスクラス】

3クラスの中で一番ゆったりとした座席で、リクライニングもあります。混雑も比較的少ないので、座席だけでなく、フロア全体がゆったりと寛げます。(乗客が少ない分、エアコンの効きが強く感じることがあるかもしれません。)映画(ビデオ)上映のサービスがあります。当然ながら料金も一番高く、オーシャンジェットの場合、片道で1,000ペソ(窓口販売価格)です。

【ツーリストクラス】

一般的な室内席で、このクラスが標準的な位置付けとなります。座席は、必要十分程度で、格子状のプラスチック製です(写真)。ビジネスと同様に、特に乗客が少ない時や、朝夕などはエアコンが寒く感じることがありますので、御注意ください。ビジネス同様に映画サービスがあります。片道500ペソ(同)。

【オープンエア】

文字どおりの屋外席ですが、屋根と雨天時等の際に窓代わりのビニールシートがあります。座席がツーリストよりも狭く、窮屈に感じることがあるかもしれません。エアコンが苦手な方にお薦めのクラスです。映画のサービスはありません。片道400ペソ(同)。

高速艇乗船の際に御参考ください。
なお、一般的な傾向として、ビジネスは混雑時でも空いている可能性が高いので、急なチケット購入の際にいいかもしれません。

また、高速艇は、台風など強風の際は、欠航することがあります。そのため、天候に十分御注意の上、余裕を持ったスケジュールで御利用いただくことをお薦めいたします。