日本にいた頃は、飲み物として水そのものを飲むことは少なかったのですが、フィリピンに来てからは、格段に増えました。
というのものこちらの飲み物は、コーラーやスプライト等の清涼飲料水、あるいはアイスティー(ネスティー等強烈に甘いもの)等、とにかく甘いものが多く、必然的に水の出番が増えている状況です。
スーパーでもペットボトルの水の売り場が充実しており、大から小まで各社の製品がズラリと並んでいます。

そんな中、以前から気になっていたのが、水売り場で一緒に売られているフレーバーウォーター。
リンゴ味、ぶどう味等、各種売られていますが、先日ようやく飲む機会ができたので、早速いただいてみました。

最初、味も香りもほんのりと感じられる程度だろうと想像していましたが・・、思いっきり甘い!砂糖水というか、はっきり言ってジュースです(苦笑)。
日本では、いろはすのみかん水を飲んだことがありますが、もっとあっさりしていたような・・。
ただ、こちらの非常に甘ったるい飲み物に比べると、幾分か甘さ控え目のようで、そういう意味ではさっぱり飲めるジュースくらいに考えるとちょうどいいのかもしれません。

なお、当地では糖分の取り過ぎやご飯の食べ過ぎ等で、糖尿病が深刻のようです。
私も水を飲む機会が増えたのと同時に、清涼飲料水を飲むことも多くなりました。
暑いとつい甘いものが欲しくなりますが、糖分の過剰摂取(ビールなどのお酒も)にはくれぐれも注意したいところです。