先週は、ホーリーウィークというキリスト教の記念日(金曜日:キリストの十字架刑、日曜日:キリストの復活)に当たる週で、フィリピンではクリスマスに並ぶ特別な休日の週でもあります。

ホーリーウィークは例年日付が変わりますが、今年は4月中旬で、ちょうど春休みとゴールデンウィークの狭間の閑散期に当たるため、当ツアーのお客様も少なかったものの、御依頼をいただき、無事催行することができました。

今年は、たくさんの地元フィリピン人の訪問(これは例年通り)だけでなく、折しもボホールで武力衝突事故が発生してしまいましたが、島内ツアーは変わらず行われており、弊社でも平常どおり営業しております。

今回の事件は、
■テロは発生していない(テロリスト達と彼らを監視していた治安当局による交戦)
■発生現場は通常観光やダイビング等で立ち入るエリアではない
ということで、直ちに問題にはならないと思っておりましたが、実際、平時と変わらない状況です。

既に弊社にも今回の事件に関する問い合わせをいただいておりますが、上記のとおり、ツアー催行上問題はありませんので、御安心いただきたく思います。

ただ、ボホール含めフィリピンは日本と事情が異なりますので、上記を含め、御旅行・御滞在に当たりましては、一定の注意・警戒が必要かと思います。詳細は、大使館HPを御参照ください。
http://www.ph.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000301.html

(写真は、ホーリーウィーク中のチョコレートヒルズ。いつもと変わらない(いつも以上の?)賑わいです。)